FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

ボケ vs コンパクト化

090210 1911-500b---ボケは、意図しないものを排除するためのとても強力な手段ですが、
コンパクトデジカメではとっても使いにくくなってしまいました。
やりようはいくらかあるのですが、どれも基本は静物向けのテクニックがメイン。
ボケを出すには、できるだけ小さいF値を使うのが基本。 
これはコンパクト化となじまないものではないが、大きな障害になるのは、
レンズと撮像素子の距離。 これが長いほどボケを出しやすくなるが、
長くなればカメラは大きくなってしまう。。

デジタルカメラの大きな利点の一つはコンパクト化だと思うのですが、
通常の構成ではボケが出にくくなる一方・・・ デジタル一眼の小型化
は大歓迎の流れなのですが、ボケが使えないんじゃ、マニュアル撮影の
楽しみ半減です。 

と書いてみましたが、これはあくまで従来の延長線上の技術を使った場合の話。
光学系を少し工夫すれば、ボケなんていくらでも強めることができます。
もちろん、他の要素との兼ね合いを考えれば、簡単でないのは間違いないが、
不可能なものでもないと思う。 

最近気になったのは、こちら。
http://olympus-imaging.jp/product/compact/sp590uz/

期待に反して、個人的には使う気にはとてもならない機能だが、
ボケに焦点を合わせてきた開発アプローチに好感がもてる。
そういう流れをたくさんの会社が持てば、より良いものが出てくることでしょう。

# ちなみに、どうしてもボケを使いたくて、少し前に中古のデジタル一眼を
# 買ってみたのですが、今の僕にはあの大きさと重さは我慢できずに
# すぐに処分してしまいました。。。


  1. 2009/02/10(火)|
  2. 道具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<雪まつり | ホーム | >>

コメント

オリンパスのは、残念なレベルですよねぇ。
でも、そのうちより完成度の高い処理ができるようになるんでしょうねぇ。
そこまで行くと、使いたく無くなりますけど。
天邪鬼なもので。
  1. 2009/02/11(水) 01:30:41 |
  2. URL |
  3. かっす #mQop/nM.
  4. [ 編集]

やっぱり光学系でがんばってほしいですね~
  1. 2009/02/11(水) 01:57:40 |
  2. URL |
  3. a1 #JXoSs/ZU
  4. [ 編集]

光学系でがんばるとして、

>光学系を少し工夫すれば、ボケなんていくらでも強めることができます。

これって、できるんですか?
ガラスでは屈折率が限界まで来ている気もするのですが。
もっと屈折率の高いダイヤモンドとかを使うとか?
出来るんなら、コンデジでもボケの実現を目指してもらいたいなぁ。

  1. 2009/02/11(水) 20:08:52 |
  2. URL |
  3. かっす #mQop/nM.
  4. [ 編集]

あら、買ってたんですか。
それでも大きすぎましたか。マイクロフォーサーズのさらなる進化に期待しましょう。

スキーいかがでしたか?
メガネなしってスキーには特に有効でしょうね。
  1. 2009/02/11(水) 20:29:51 |
  2. URL |
  3. walrus #bIaWWfBk
  4. [ 編集]

かっすさん
この場合、高屈折率化はあまり有効なアプローチではないかもしれません。
ボケの状態を作るには、特定の距離以外からの光が撮像素子上に焦点を
結ばないようにすればよいので、理論的には、適切な場所に光学フィルター
を配置すればOKです。一番単純なのは、ピンホールでしょうが、透過なら
液晶、反射ならDLPが既存の技術の中で無難なものになりそうです。


walrusさん
お手伝い頂いたのにご報告せずに申し訳ありません。
結局、高感度撮影の点から、K100Dを買いました。さすがに高感度撮影時の
ノイズは小さくて良かったのですが、如何せん大きい。。 それから、
以前は当たり前のように使っていたファインダーでの撮影の不便なこと。
もうしばらく一眼はお預けにしておきます。。

スキーイベントは大成功でした(^^)
スポーツには有効です。コンタクトだと乾いたりしていたのですが、
それもなくて快適です。
  1. 2009/02/12(木) 01:03:55 |
  2. URL |
  3. a1 #OARS9n6I
  4. [ 編集]

DLPてなんじゃらほい?と探してみてなるほど~。
http://web.tij.co.jp/jrd/dlp/docs/technology/mechanism/index.htm

ピントが合う合わないのぼけ方を再現するにはソフト的に相当苦労しそうですが、ピクセルごとにグラデーションのあるぼかし方が出来れば面白いかもしれませんねぇ。
  1. 2009/02/14(土) 19:49:46 |
  2. URL |
  3. かっす #mQop/nM.
  4. [ 編集]

物知りのかっすさんが、DLPをご存じないとは意外でした。

光学系の知識がないと想像しにくいと思うのですが、光学フィルターの配置を適切に行えば、DLPや液晶自体に対しては複雑な制御をすることなく、従来のボケと同様の効果を出せると思います。

ただ、光学フィルターの配置を固定、または若干の移動で済ませるための光学設計に芸術的な才能が求められそうです。。。笑
  1. 2009/02/14(土) 22:32:21 |
  2. URL |
  3. a1 #JXoSs/ZU
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://a1a1a1a1.blog107.fc2.com/tb.php/130-5a679f4e

HOME

Recent Entries

Category

Recent Comments

Recent Trackbacks

11 | 2018/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Archives

Links

Search


-a1-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。